【ラジオ出演】法学部生が農家コンサルタントになろうとする話 – 3

今日のこと

初めて山元町の新住居で一晩を過ごしました。基本的にどこでも寝られる体質なので、ぐっすり…。ただ、朝の日差しが思った以上に強く、その上に町内の放送が流れていたようで、朝6時に目が覚めてしまいました。結局は二度寝したのですが。笑

今朝は畑楽さんのところで石拾いのお手伝い。東日本大震災の津波を被った畑楽さんの農地では、大きな石のみならず、瓦やガラスの破片、機械の一部分などが未だに出てきます。震災から9年以上経った現在でも、目に見える爪痕を残しているのです…。

その作業が終わった後、午後からはラジオに出演するために準備へ。亘理の方でスタジオを構える「FMあおぞら」、いわゆるローカルラジオです!

このご時世、スタジオに伺って直接収録したわけではなく、テレビ電話でのトークとなりました。とはいえ初めてのラジオ出演!非常に緊張したのでどれくらい喋れていたのか、全く覚えていません…。笑

収録後、友達から「ラジオ聞いたよ〜!」など連絡をすぐにもらいました。非常に嬉しかったです!コロナの影響が落ち着いたら、今度こそは、スタジオで収録したいですね。

話した内容としては「山元町に関わり始めたきっかけ」「大学在学中に協力隊の活動をしようと思った理由」などです。あの時間では語り尽くせないほど、ここに至るまでのストーリーは濃いものなので、そういった話については改めてこのサイトなどで書きたいと思います。

仙台での用事が明日からあったので、収録が終わった後は仙台へ移動しました。コロナウイルスのことがあるので移動もなるべく避けたいところではありますが、用事があって移動しなければいけないのであれば仕方がありません…。これからも、手洗いうがいは徹底していきたいと思います。

今日のブログは短いような気はしますが、それはそれで…。笑
気ままに投稿していきたいと思います。

では、いつも通りのメモを残して終わりです!

<終わり>

今日のメモ

・土中の破片:振動、ふるい、手作業、生産性の無さ

今日のキーワード

・きっかけ
・理由
・過去
・現在

これからのこと

・最近ハマっていることを探す
・自分の取説づくり

いろんな記事

ありがとうございました!

Follow me!

【ラジオ出演】法学部生が農家コンサルタントになろうとする話 – 3” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です