【農作業体験】法学部生が農家コンサルタントになろうとする話 – 69

非常に久々の投稿となりました。

最初に弁明させてください…。

本日の作業用BGM

弁明の前に、いつものから…。

「Superfly & トータス松本」の 「STARS」という、少し前の曲です。2012年、ロンドンオリンピックが開催された際、フジテレビ系テレビ局の中継テーマソングとして利用された曲です。

ふと思い出したので、聞いていました。

ヤツテダチマの弁明

ソクラテスの弁明」をもじって「マチダテツヤ」を反対から書いてみましたが、ヤマタノオロチに空目してしまいます。

というわけで、弁明開始ですー。

①前期のまとめ作業:卒業論文を書かない自分にとっては、非常にためになる作業でしたが、それだけ大変でした…。初見の第3者が読んでも、誤解なく、分かりやすくまとめるには、どうすれば良いのか…。この数週間で、吸収したことも色々とあったと思います。もちろん、今後もまとめる機会は多いので、その度にまた一段と成長できればと思います。なお、ブログは書きたいことをツラツラと書いているので、(なるべく意識はしますが)ご容赦ください。笑

②腰痛の悪化と治療:これも辛かったですね。整骨院での治療直後は回復しても、帰宅すると痛くなることが多かったです。そのため、仙台市内整形外科でMRIによる診察を受けることに…。結果、椎間板ヘルニアではなかったです。とはいえ、背中側に骨が飛び出てはいるので、その前兆ですね(神経を圧迫していないので、厳密にはヘルニアではないそうです)。ただ、原因として考えられるのは椎間板自体の損傷…。MRI画像を見ると、痛みを感じるあたりの椎間板の色が変色していました。手術してもどうにもならないレベルなので、ブロック注射による治療を受けました。安静にします〜。

③原因不明の体調不良:つい先日のことですが、目が覚めてから頭痛や寒気、軽い吐き気、腹痛に…。結局、一日寝込んで治ったのですが、お腹の調子だけ完治はしていないみたいです。普通に生活はできるので大丈夫です!おそらく、連日のまとめ作業や漠然とした不安(?)から、肉体的疲労と精神的疲労が蓄積していたのかなと…。安静にします〜。

こんな感じの、散々な数週間を過ごしていました。笑

ただ、②に関しては鎮痛剤ももらって腰の調子もいいので、今まで以上にストレスを抱えることなく、事務作業に没頭しています。ただ、ずっとパソコンの前にいるのも問題なので、たまの散歩も行っていきます。

そんな訳で、ご理解くださいませ…。

農作業体験 with 大学の友人

話を今日のことに戻しますー。

今日は、大学の友人3人が仙台から来てくれました!
公務員試験や就活が落ち着いたようなので、リフレッシュしにおひさま村農園の畑へ〜。

本日の体験内容は、サツマイモの収穫イチジクの収穫でした!

サツマイモの収穫

その前に、拓也さんの御家芸。
今日は2匹のトンボが捕まったようです。笑

さて、最初に取りかかったのは、サツマイモ掘りですね。
時期的にはちょうど収穫時期の「ハロウィンスウィート」の収穫に取り掛かりました!

まずは地面を覆ってしまったツルの上を刈り取り、その後にマルチシートを剥がしてやっと収穫です。

保育園の頃、サツマイモ掘り体験をしたことを思い出しましたね。あの時は、確かマルチシートが剥がれていて、非常に掘りやすかったのを覚えています。あの時、掘りやすいように準備していた立場に、自分が立っているのだなと思うと、なんだか感慨深いですね…。

その頃、拓也さんは…。

めちゃくちゃ芋掘りが早かったです…。
さすがだなあと、思うばかりでした。笑

また、ツルがなかなか手強かったので、鈴木さんが草刈機で一気に刈り取っていきました。
めちゃくちゃ早かったです。さすが文明の力ですね…。

そんな感じで、土から掘り出されたサツマイモ。
めちゃくちゃ立派でした…!

全体の量はこんな感じでした。

鈴木さん曰く、大体100kgだそうです。
苗1本あたりから大体1kgが獲れるようで、畑楽の畑も含めて1000本以上植えたので、全体収量は1tを超えそうですね…。笑
サツマイモ、恐るべし。笑

後半戦のイチジク収穫

まずは、収穫できるイチジクの見分け方の説明から…。
実は、見分けはめちゃくちゃ難しいです。笑

なぜかと言うと、もはや主観的な判断によるからです。

ブルーベリーやイチゴのような色が大きく変わるものは、少し変わった品種の場合は除き、大体の食べ頃は分かると思います

一方で、イチジクは分かりにくい…。笑

例えば、「バナーネ」という生食用のイチジク。
見た目は黄緑色なのですが、熟してくると赤っぽい色にもなります。

ただ、赤っぽくなっても、雨の影響で実の下が腐っていたり、触ってみるとまだ少し硬かったりすることも。笑
観光農園化を進めるにも、熟したイチジクの見分け方が分からないと、お客さんとしてはなかなか難しいです…。

というわけで、いっぱい農作業体験をして、見分けるスキルを積んでいってもらえればと思います!笑

見分け方が分からない中でもしっかりと収穫してくれて、連日の雨のせいで腐っていたものもありましたが、結構な量が獲れました!

選別作業をした後、早速、近日中におなじみのPetite Joieの伊藤さんのところに出荷する予定だそうです。
今日は定休日だったのでPJには行けませんでしたが、また農作業体験ができるときは開店日に行きたいですね!

久しぶりに人と出会えた1日でした

思い返せば、まとめ作業をしている間は家にこもっていたので、これほどいろんな人に会えたのは久しぶりでした!

拓也さんもおっしゃっていましたが、やはり「誰とするか?」だなぁと…。

今度は、泊まりで作業できれば嬉しいですね!!

では、眠いのでこの辺りで…。

ありがとうございました!

Follow me!

【農作業体験】法学部生が農家コンサルタントになろうとする話 – 69” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です