【蜜も滴る良い無花果】法学部生が農家コンサルタントになろうとする話 – 74

雨の日の月曜日。憂鬱ですが、今週も頑張っていきますー。

本日の作業用BGM

拓也さんから送られてきたURLを開いてみたら、この曲が。笑

この番組は自分の世代にはないのですが、今日はこれを聞いて作業を進めていきます。この番組の雰囲気は分かりませんが、曲からして脱力形なのかな〜と思っています。そのため、今日は力を抜いて書いていきます〜。

パック詰めと納品

今日は、おひさま村農園へ行きました!少し前にホームページの更新もしたので、ぜひ見てください〜。

まずは、イチジクのパック詰め、「夢いちごの郷」への納品です。連日の雨によってイチジク収穫への影響が強くなってきていますが、できる範囲での収穫をして、販売しています。

まずは、仕分けから。ほとんど全て、生でも美味しく食べられるのですが、雨が果実に入って、味が落ちてしまうものもあります。そこで、仁一さんがひとつひとつ見分けて、特に美味しいものだけを厳選して詰めています。

ぶれてしまって、すみません〜。

そして、パック詰めをします。

これを、今回は17パック分作り、夢いちごの郷に納品しました。

訳あって、おひさま村農園シールがないパックがありましたが、品質には問題ありません!全て、超完熟イチジクです。明日にも出品されていると思いますので、お寄りの際は是非お買い求めください!

補助金申請が通りました

以前、拓也さんと一緒に申請書を記入した補助金が、無事に通ったようです!これで、着実に一歩、おひさま村農園は前進したと思います。

補助金申請に限ったことではないのですが、文章を書く能力は非常に大事だなと痛感しています。

9月中に悩みに悩んだ、前半期の活動報告書についても、書く能力が求められました。仕事に関わらず、人に伝える手段としては、是非高めておきたい能力です…。

いずれにせよ、書く能力を高め、自分の一つの武器にしていきたいと思います。

午後は皮剥き作業

午後は、加工用にイチジクの皮を剥く作業でした。

午前の作業もそうでしたが、仕事(作業)を始める際には、導線確保が重要です。鈴木さん、拓也さんと話し合って、この導線に決定しました。

真ん中に立った鈴木さんがイチジクを切り分け、両端にいる拓也さんと僕とで、1/4になったイチジクの皮を剥いていきます。

量としては、非常に大量!
これだけのイチジクを見る機会は、まず無いでしょう…。

以前、鈴木さんと拓也さんがこの作業をされていたとのことで、お二方の作業スピードは速かったです。ただ、僕も負けじと頑張って、なんとかお二方のスピードに合わせていきました。

数時間かけて終えて、本日の作業は終了。
時間が少しあったので、拓也さんと蜘蛛や山雲丹の観察をしていました。

蜘蛛の巣を使った実験をする拓也さん。
相変わらず、写真がぶれています…。すみません。

こちらは山雲丹の様子。獣に食べられた後のようです。

今日は眠いのでこの辺りで。。。

今日の目標は、力を抜くこと。
眠いのでこの辺りにします〜。

明日は、今年度初の6次化講習に参加してきます!

ではでは〜。

ありがとうございました!

Follow me!

【蜜も滴る良い無花果】法学部生が農家コンサルタントになろうとする話 – 74” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です