【感謝できるご飯】法学部生が農家コンサルタントになろうとする話 – 86

本日は、久しぶりの「おひさま村農園」へ!

本日の作業用BGM

「EXILE」の「EXIT」という曲です。日本テレビ系列ドラマ「女王の教室」のED曲に使われていました。

池袋で発生してしまった交通事件を機に、阿久津真矢(演:天海祐希)のセリフが話題になりましたね。

【前半戦】柚子の収穫から

まず手を付けたのは、柚子の収穫です。

品種は、以前に県庁で販売した「多田錦(ただにしき)」と呼ばれる種無しのものです。種が無い分だけ果汁が含まれ、種有りと比較して絞ってみると、その違いは一目瞭然。あいにく、比較の写真はありませんが…。

一方、通常のものより小粒ですが、苦味やエグ味は控えめ。生で食べても、後味に現れる甘みを感じることが出来ると思います。疲労回復には最適ですね。収穫している間に頂きました!めちゃくちゃ美味かったです…。

ただ、収穫で大変なのは幹に生えている「トゲ」です。

柑橘類の木にはトゲがあるようで、「種無し」である多田錦でさえも「トゲ無し」とまではいかなかったようです。そのため、葉や枝によって内側に隠れ込んでしまった果実を収穫するために、手や腕にトゲが刺さったり、引っ掻かれたり…。

非常に大変な作業でした。笑

【味の店 翔屋】角田のラーメン屋へ

今日のお昼ご飯は、鈴木さんのお知り合いの方が店主をされている「味の店 翔屋」というラーメン屋です。

注文したのは「直火コク味噌(気合入り)」という味噌ラーメンです。

焦がしニンニクが入っており、スープの熱さ、辛さと相まって、汗が止まらない止まらない…。笑
ですが、めちゃくちゃ美味かったです!

モチモチとした食感が特徴的な中太麺に、旨味たっぷりの味噌スープ。具も非常に沢山入っており、普通サイズでお腹一杯になりました!

ごちそうさまでした!

【後半戦】イチジクの皮むき

取りかかったのは、イチジクの皮むき。以前から何回かやっている作業です。

と、その前に…。

包丁の手入れからスタートしました。

研ぎ石を使っての手入れは初めてでしたが、音が気持ちいいですね。ASMRに使えそうです。笑

そして、いつもの作業に取り掛かりました!

今日は5ケース分くらいのイチジクですかね…。黙々と進めていました。

そして、硬い部分や「アザミウマ」と呼ばれる害虫によって痛んでしまった部分を取り除いたものがこちら。

畑を荒らしてしまうイノシシに食べてもらい、他の作物への被害を軽減できればと思います。後々は、狩猟解禁に合わせて罠も本格的に仕掛けていくようです。

【夜の部】タコパ

「タコパ」というと「たこ焼きパーティー」と思われがちですが、今日はそのまんまのタコです。

お昼ご飯で伺った「翔屋」の店主さんから頂きました!丸々2匹です。

茹でる時に茶葉(緑茶)を入れると、より色味がよくなるらしいです。

その後、刺身、アヒージョ(?)、唐揚げにして頂きました。写真は割愛させてください(忘れたので)

このような日常的な場面で、非常に美味しいものが食べられるのは、この上なく幸せなことなんだなぁ、と染み染み思いました。

お店でどれほどお金を出したとしても、今日の夕ご飯で食べた味には敵わないでしょう。「質」や「値段」は、一つの基準として大事なのかもしれませんが、それだけが正解でもないかもしれません。

「感謝できるご飯」を食べている時が、一番幸せなのかもしれませんね。

よく分からないですが、直感的なことを無理やり言語化してみました。
なぜか哲学チックになりました。笑

今日は終わり

もう遅いので、早めに寝ます〜。

ではでは!

ありがとうございました!

Follow me!

【感謝できるご飯】法学部生が農家コンサルタントになろうとする話 – 86” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です