【腰痛再発】大学生の非日常 – 18

本当に久々の投稿ですね。

こうして不更新の前例を作ってしまうと、惰性でサボり癖になっていかないか心配です。
もしかすると、この“不更新の前例”という言い方すら、その惰性の表れなのかもしれません…。自分を信じられなくなる一方です。

腰を壊して帰還しました。

関東視察を終えた5日前。
気づいた頃には、腰に異変がありました。

「腰痛再発」

既にご存知の方も多いと思いますが、僕は元々腰痛持ちでした。

高校で「柔道部(兼 軽音楽部)」として部活動に取り組んでいた僕。

2年生の時でしょうか?
ウェイトトレーニングの姿勢を誤ったためなのか、今までの疲労が溜まっていたためなのか、腰痛に悩まされるように…。
それから、体幹トレーニングに励みながら鎮痛剤で紛らわしながら活動するようになり、なんとか引退を迎えました。

こんなことがあったので、大学生となった今では柔道部のマネージャーとして、腰に負担をかけないように活動していました。

当時、整形外科の先生にヘルニアの前兆が出てるね」なんて言われて、レントゲンの写真を見せてもらっていましたね。腰の神経部分が圧迫されていた画像を未だに覚えています。

とは言え、大学中はずーっと安静にしていたので、流石に落ち着いたと思いきや、今回の再発…。
詳しいことは明日行く予定の整骨院で分かると思いますが、痛み方的には高校の時と同じような気もしています。少し変な痛み方をするときもあるんですが…。笑

というわけで、今月は農作業をお休みします。

役場の方、山元町の方々から

「君は働きすぎだ」

「休んでるの?」

と言われた僕。

休んでいるつもりでしたが、それは“つもり”に過ぎなかったのです。

今回ばかりはしっかり休みます…。

そんなこと言ったって…。

気になってしまうのは農作物の生育状況。
梅雨明けからずーっと晴れっぱなしだったので、サツマイモやルバーブが気になって気になって仕方ありませんでした。

というわけで向かった先は、おなじみの畑楽です。

雑草が気になってしまいますが…。

少し萎えてしまっているようにも見えるサツマイモ。
水捌けがよすぎる畑に雨が全く降らなかったため、水不足でこんなになってしまったのかと不安でした。

ただ今朝は雨が降っていたらしく(爆睡していて気付きませんでした)、内藤さん曰く「気温差で萎えているように見えるだけ」とのこと…。

順調に育っていくことを祈ります!

そしてこちらはルバーブ。

土地が適しているのかは不明ですが、葉っぱは大きくなっています。
他のルバーブ農家さんを見る限り、もっと生茂るようなので、まだまだこれからだと思われます。

色づきが不安ですが、中には真っ赤なルバーブもあるので、おそらく大丈夫でしょう…!

あとは「スベリヒユ」という雑草。
雑草と言いつつも、お隣の山形や、海外ではヨーロッパなどでも食文化があるようです。

別の場所から引っこ抜いて適当に植えただけなのに、これほど成長するとは驚くばかりです…。
雑草全てが食用になればいいのになぁ、なんて…。

青臭さがなく、単に苦味が強いものであれば青汁として飲めそうですね。

自粛期間と休息期間

感染予防に徹底したとは言え、感染者が日に日に増加している関東方面に視察へ行ったのは事実。

腰の休息期間と合わせて「自分はコロナ感染者かもしれない」と疑いながら、事務作業に没頭していきたいと思います。

ではでは〜。

ありがとうございました!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です